« 美味しい頂き物 | トップページ | 嬉しい来訪 »

韓ドラ

韓ドラ今は、このようなのを見ています。

「妻の誘惑」賢母良妻だった女性が夫に捨てられて、最も恐ろしい

妖婦になり、別れた夫をまた誘惑する復讐ドラマ

ありえないような物語の進展ですがそこが又面白いのですPhoto02

Photo00

「ある素敵な日」愛のためなら運命と言う試練のも負けない

兄と妹のひたむきな愛の行方がテーマ

266p00

Images

「シンデレラのお姉さん 」はじまったばかりで面白みはわかりませんが

親子、恋人、家族と愛をテーマにしているストーリー

Top_main_01

B4547e76

|

« 美味しい頂き物 | トップページ | 嬉しい来訪 »

韓流」カテゴリの記事

コメント

エデンの東、アイリス・・と終わってしまってなにをみていいのかわからないので今は韓流と縁がきれてしまいました それと朝早く起きるには映画をみれませんね どちらをとればいいのやら?(*^_^*)

投稿: shuho-t | 2010年10月 7日 (木) 22時44分

わっ!
お部屋を開けた途端に・・・
良い男と良い女が・・・こっちを見てるぅ~~
ドキッと、しちゃいました~(笑)

韓流には興味がないけれど、綺麗な人を見るのは
良い気分ですね~
今夜は良く、寝れそうです~ZZZZZ
有難う!

投稿: コスモス | 2010年10月 7日 (木) 23時44分

ルーシーさん おはようございます~♪
今は韓流ですね....私も韓流ドラマに嵌ってます。
こんな展開ありっ? って感じの「復活」もよかった~
「コーヒープリンス1号店」は次回を待っていられなくて(笑)
TSUTAYAでDVDを借り観てしまいました。

「ある素敵な日」は、切ないラブストーリーのようですね。

投稿: せれぶ | 2010年10月 8日 (金) 07時21分

続々と出てきますね。
こんな綺麗な人が、妖婦役を演じるのですか。

投稿: mcnj | 2010年10月 8日 (金) 07時59分

こんにちわ(^^)。
何か、最近続きますよね~^^。
私、初めて見る韓国ドラマは、内容ではなく、出演してる俳優を見て
”あ!この人、復活にでてたお父さん役の人だ”とか、”クン宮に出てた人だ~””コーヒープリンスに出てた人だ~とか、それから内容に嵌って行くみたいで、『ある素敵な日』と、『シンデレラのお姉さん』は、楽しみに見始めました(^^)。
女優さんも皆綺麗で、韓国ドラマ、面白いですよね^^。
あ!背景(場所)も見ちゃいます。韓国って、こんな素敵な所があるんだ~とか。最近、韓国語も覚えたいと思う様にもなりました。
チト遅いかな^^?

投稿: kimieです | 2010年10月 8日 (金) 10時30分

shuho-tさん、健康的には早起きでお散歩が良いですよ
夜更かしばかりで、その内つけが回ってくるかもしれません。
でも韓ドラ、面白くて止められません。

投稿: ルーシー | 2010年10月 8日 (金) 22時02分

コスモスさん、良い夢を見て休めましたか?
ハンサムの男優さんを見るのも良いですが、物語の展開が楽しいです。
ありえない内容でも、それが続いての興味になります。
コスモスさんも、韓ドラに嵌ってください。

投稿: ルーシー | 2010年10月 8日 (金) 22時06分

せれぶさん、早く続きが見たくても次回まで、無料で見るので
我慢しています。
「ある素敵な日」はギャオで見たのですが今度はテレビ画面でゆっくり見れます。
「コーヒープリンス」のコン・ユがとても良い感じです。
せつない感じが良いです。

投稿: ルーシー | 2010年10月 8日 (金) 22時12分

mcnjさん最終回を迎えると次がはじまるので次々新しい展開があります。
復讐していく筋書きは見ていて面白いです。

投稿: ルーシー | 2010年10月 8日 (金) 22時15分

kimieさん、役柄の印象があまりに強いと溶け込んで慣れるまで
引きずりますね。
美人はほとんど整形のようです。
景色、自然は素敵ですね、そして綺麗です。
個人旅行で、そんな場所行って見たいけど事故が起こったら大変ですし
ツアーで我慢します。
ハングル文字は、皆同じように見えて難しいです。
是非、勉強してください。

投稿: ルーシー | 2010年10月 8日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473062/37127164

この記事へのトラックバック一覧です: 韓ドラ:

« 美味しい頂き物 | トップページ | 嬉しい来訪 »