« 太田和つつじの丘 | トップページ | ミッドタウンから新宿へ »

ルーヴル美術館展

国立新美術館にルーヴル美術館展

「美の宮殿の子どもたち」を見てきました。

さまざまの時代・地域の美術の中に表現されたきた

子供たちの姿を通し「美の宮殿」ルーブルの美の世界が

紹介されていました。

彫刻・工芸・美術・版画・絵画と歴史を感じる時間でした。

国立新美術館

Sdsc_1061

Sdsc_1076

Sdsc_1088

Sdsc_1091

庭園はツツジが満開

Sdsc_1065

庭園から六本木ヒルズが

  Sdsc_1058

|

« 太田和つつじの丘 | トップページ | ミッドタウンから新宿へ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この美術館去年の秋に行って来たのですが被写体にいい建物ですね~、そんなつもりはなく行ったので今度また撮りに行きたいなぁと思ってます。
美術館のシ~ンとした空気が好きです、心が落ち着きますね。

投稿: mizue | 2009年4月22日 (水) 00時32分

この新しい美術館にはまだいっておりません 外観も中もなかなか見ごたえがあるようですね

投稿: shuho-t | 2009年4月22日 (水) 08時55分

ルーヴルは横浜美術館に来た時に見ました。
今回はまた作品が違うのかな、本場ルーヴルには
すごい数の展示品があるって話しですもんね。
でも宗教画が多いんですよねー
いつも美術館に行くと気に行った絵の絵はがきを買ってきます。
あまり宗教画っぽくないものを5枚くらい買ったかな~

絵を描く人は案外写真を見て構図を考えることあるんですって。
いとこのプロイラストレーターが言ってました。
こっちも絵からいただいちゃいましょう(^^)v

投稿: イナ | 2009年4月22日 (水) 21時35分

mizueさん、美術館は行ってからなぜか新鮮な気分に
なりますね
今回は、招待で行ったので贅沢は、いえませんが
絵画が多い方が好みです。

投稿: ルーシー | 2009年4月22日 (水) 23時13分

shuho-t さん、近代的な建物でした。
大きくて外観を写すのに、収まりきれませんでした。

投稿: ルーシー | 2009年4月22日 (水) 23時15分

イナさん、宗教的な彫刻、工芸品、版画、絵画でした。
なるほどと思って見ますが、わからないのもありで
私は、やはり美しい作品が好みです。

投稿: ルーシー | 2009年4月22日 (水) 23時17分

上野のルーヴルは行きましたが
時間があったら、こちらも観たいですね。
いかがでしたか?
絵画は、少なめなんでしょうか?

投稿: ココア | 2009年4月23日 (木) 17時24分

ココアさん、絵画は少なめで彫刻、美術工芸品、素描
版画が多かったです。
キリストが幼少の頃の時代の子供の様子などでした。
私は、絵の方が良いなあと思いました。

投稿: ルーシー | 2009年4月23日 (木) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473062/29226677

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館展:

« 太田和つつじの丘 | トップページ | ミッドタウンから新宿へ »