« 今年のゴーヤ | トップページ | イタリア「青の洞窟」 »

英会話で

昨日の英会話での出来事ですbook

サークルの仲間は、私を含めオバさんの集まりですが

今年になり、30代の方が入会しました。

周りはオバさんばかりで、続くかなと心配でしたが

何とか、今も一緒に勉強していますscissors

その方がドイツ人をお友達としているのは聞いていて

たびたび日本を訪れ、今回彼女の家に花束を持って訪問house

してくる予定だったのですが、両親がとんでもないと怒り

花を飾れないので皆さんに分けると持って来ましたpresent

真っ赤のバラの花でとても綺麗でこんな花束頂きたいなぁとshine

好きなら結婚を、でも親の立場なら心配、言葉の問題と

人生相談になり、結論は出ませんがバラのおすそ分けを

持ち帰りました。分ける前のバラの花束を撮り忘れましたが

バラがこの10倍あったのですnotes

Sdsc_0220

Sdsc_0222

Sdsc_0230

Sdsc_0236 

|

« 今年のゴーヤ | トップページ | イタリア「青の洞窟」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

素敵なバラですね。
貧乏人は、すぐ、お金のことを考えてしまいますが、
高かったことでしょうね。
とても綺麗です。

投稿: mcnj | 2008年9月17日 (水) 23時15分

重みのあるバラの花束ですね。。。
最近は留学や海外での就労や、気軽に世界中に行けるようになり
国際結婚も増えましたね。私の周りでも良く聞きますよ。
でも当事者だったら、気持ちは複雑かもしれませんね。

投稿: せつこ | 2008年9月17日 (水) 23時19分

お花は受け取ってくれてもいいのにって
思うけど自分がその立場だったら・・・・・
思いもよらないですね。
子はいつか親から離れるといっても国際結婚は
誰もが想定外で困っちゃうだろな・・・・

んー誰もが幸せってなかなか難しいですね。

投稿: イナ | 2008年9月18日 (木) 00時05分

グローバル化した現在でもこういう両親がいるのですね ま、自分のこどもが・・・と考えるとまた違うかもしれませんね 国籍や肌の色や言葉は関係ないのですが・・要はご本人の人柄ですね こんなすばらしい花束をもってきた彼にはお気の毒でしたね でもほんとうに愛しあっていたらご両親もいずれは理解してくれるでしょう 彼女を励ましてあげてください

投稿: shuho-t | 2008年9月18日 (木) 08時50分

mcnjさん、貧乏人??よく言いますね
まだまだ現役で、バッチリですよ、相当溜まっていますねgood
今度生まれて来た時は、100万本のバラで
プロポーズをされたいわeye

投稿: ルーシー | 2008年9月18日 (木) 21時35分

せつこさん、本人は、一本だけ持って帰ると言って袋に入れたら
ポッキンと花が取れてしまいましたng
かわいそうね・・・

投稿: ルーシー | 2008年9月18日 (木) 21時38分

イナさん、親としては考えるかもしれないですね
でもやはり、本人に任せると思います。
シアワセになるのなら、良いのでは思いますheart01

投稿: ルーシー | 2008年9月18日 (木) 21時41分

shuho-tさん、そうですね
今度あったときは、励ましますok

投稿: ルーシー | 2008年9月18日 (木) 21時42分

素適な花たち。
女性は、いつでも、誰からでも
お花を頂くのは嬉しいですね。

先日韓国で、韓国にお嫁にいらした日本人のかたと
お話をする機会がありましたが
お隣の国でも、凄く親からは反対されたと言ってました。
親にしてみれば、心配なのもわかりますが
先ずは、お相手の人間性ですよね。

投稿: ココア | 2008年9月18日 (木) 22時00分

ココアさん、結婚は同じくにでも地方が違えば
いろいろあるし、まして国が違えばもっといろいろありますね
でも基本は、本人次第です。
幸せになって欲しいですheart04

投稿: ルーシー | 2008年9月18日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473062/23815682

この記事へのトラックバック一覧です: 英会話で:

« 今年のゴーヤ | トップページ | イタリア「青の洞窟」 »